bandicam 2017-04-07 06-18-16-615

1: 2016/02/19(金) 11:01:47.76
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/19/155/

ジャストシステムは2月18日、「民泊に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、戸建て居住者の約3割が「周辺で民泊が増えた場合、引っ越しを検討する」と答えたことがわかった。

調査期間は2016年2月12~15日。有効回答は東京都に住む20~69歳の個人1,000人。

民泊の自由化、歓迎派は7.7%にとどまる

「民泊」という言葉を知っている人は90.1%。また、アメリカ発祥の民泊サービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」について、「 知っていて、その内容を他の人に説明できる」人は15.9%、「知っているが、その内容までは詳しく説明できない」人は24.3%で、計40.2%が認知していた。

戸建て住宅(持ち家)に住んでいる民泊認知者のうち、自宅の周辺で「民泊サービス」が増えたら、27.9%が引っ越しを検討すると答えていた。
【【民泊問題】戸建て居住者の3割「周辺に民泊が増えたら引っ越します!」】の続きを読む